無料で遊べるゴリラTRPGのキャラシの組み方とスキルを解説

ゴリラTRPG 遊び方解説

こんにちは卓コロ編集長の伊藤智晶です、今日はゴリラTRPGが気になっているけど
どういう風にゴリラを作ったらいいか悩んでいる方へゴリラの作り方を解説していきたいと思います。

まずは【ゴリラメイキング】通常のTRPGで言うところのキャラクター作成方法からご説明させていただきます。
※ゴリラTRPGについて初めて知ったという方はこちら

TRPGブログ【卓コロ】編集長伊藤智晶

ゴリラTRPGのキャラクター作成方法(ゴリラメイキング)~ゴリラの作り方~

ゴリラには4つの”能力値”3つの”副能力値”があり――。

【能力値】
・筋力……腕力の強さ、殴る蹴るなどの素手攻撃で参照される
・パワー……精神力、この値からHPを割り出したり『GCL+M』の魔法攻撃などで主に参照される
・力……素早さや手先の器用さ、知性の高さなど幅広い使われ方をする、武器攻撃で参照される
・野生……どれだけ野性的でワイルドかを表し、戦闘の行動順決定や交渉で参照される。詳しくは公式wikiゴリラルールセクション

これらの能力値に『⑤』『④』『③』『②』の好きな数字をそれぞれ割り振ることで能力値を決定していきます。

素手で殴るのがメインでHPも高いタフなゴリラにしたいのならば『筋力:5 パワー:4 力:2 野生:3』
武器攻撃メインにするなら『筋力:2 パワー:4 力:5 野生:3』といった感じにするとよいでしょう。
情報収集は主に力を使うことが多いので、そちらに5や4を振ってみるのもよいかもしれません。

鉄則としては攻撃を行う時にメインで行う判定で使用する能力値に⑤を振ること。

ゴリラTRPGの戦闘では攻撃側が判定に使用した能力値に対抗して、攻撃を受けた『受動側』も同じ能力値で判定を行って出た達成値が高いほうが勝利となり
攻撃を行った『能動側』が勝利したら攻撃は通り、受動側が勝利した場合攻撃は避けられてしまうので、判定を成功させる為にも⑤にしておくのがオススメです。

次に、副能力値の解説なのですが――

【副能力値】
・HP……体力、ヒットポイント。0になると戦闘不能。『パワー×3+10』で算出(パワーの値を三倍してそこへ10を足す)
・バナナ……ゴリラスキルや戦闘以外でHPを回復する治療や情報収集で達成値を上昇させるのに使用。初期値は5
・GP……出目を一つ5へ変更することが可能、GPは基本的にあらゆる方法で回復することができない。初期値は5
※2d6で判定を行い{5,5}と5のゾロ目が出るとゴリティカルとなり決定的成功となり、ゴリティカル以外で回避できなくなる上に攻撃へダメージボーナスも入るようになります。

能力値を決定した段階でHPは決まり、GPもバナナもみんな『5』で確定なので特に決めることはありません。

HPはパワーから計算して算出しましょう。みんなは人類だから大丈夫ですよね!?

ここからさらに【ゴリラスキル】を二つ取得することで晴れてゴリラは完成となります。
※GR1、初期作成の場合です。

見た目や種族に血液型は……ゴリラなのでみんな見た目はゴリラで血液型はB型です。

どんな見た目のゴリラなのか詳細に決めたい場合はメモで設定してみるといいでしょう、僕はよくやります!
千年に一匹生まれる伝説のスーパーゴリラで気合いが高まると金色の体毛になるとか……。

設定は自由です、あなたのゴリラ性に従ってイマジネーションを働かせあなただけのゴリラを作ってみましょう!!

スーパーサイヤ人?

 

初心者にオススメなゴリラの構成3タイプ(GCL1+GR1)~サンプルゴリラ~

さて、ここでどんなゴリラを作ればいいのか、GCL1+GR1というオーソドックスなシナリオを想定して解説していきます。
GR1というのはゴリラのランクのことでいわゆる初期作成、GCL1は原始時代に生きるジャングルゴリラのスキルを使えることを表します。
※詳細はこちらのゴリラマスターセクションのGCLルールをゴ確認ください。

非常にシンプルなレギュレーションとなりますので、今回はオススメの構成を三つに絞りサンプルキャラクター……。

【サンプルゴリラ】をゴ用意させていただきましたのでゴ紹介させていただきます。

強そうなゴリラフリー素材

1.怒れるゴリラーー攻守に優れるアタッカー

【能力値】
筋力:5
パワー:4
力:2
野生:3
【ゴリラスキル】

怒りのメガトンパンチ+シットスロワー

解説:怒りのメガトンパンチは命中判定の達成値が-2されてしまいますが、攻撃力が+4されるスキルです。
筋力が5であれば充分使用できる範囲で、なおかつダメージロールは1d6+9と大ダメージが充分望めます。
そして、対抗判定で相手に負けてしまった場合もシットスロワーで振り直しさせることで強引に当てていくこともできる上に
攻撃された時に相手の達成値が高すぎる場合などにも活きてくる上に、他PGがピンチに見舞われた時にシットを投げつけてやるとカッコイイゴリラになれることでしょう。

不確定なゴリ札

2.不確定なゴリ札――爆発力に優れたバーサーカー

【能力値】
筋力:5
パワー:3
力:2
野生:4
【ゴリラスキル】

ハンマーヘッドゴリラ+ドラミング

解説:ハンマーヘッドゴリラは攻撃力+10される代わりに命中判定の達成値-6と、実用性皆無のロマン砲と思われがちですが
ドラミングを使用することで最初のラウンドのみ達成値が+5され、実質-1で判定を行うことができるので筋力:5であれば2d6+4と大幅にカバーできます。
しかも、ドラミングは他のPG1体にもこのバフ(支援)の恩恵を与えられるためパーティー全体に貢献できるのです。
ハンマーヘッドゴリラはおまけに命中した場合、相手へ次に行う判定-2の効果を与えられるため、その後の展開を優位に勧められるようになります。
もしそれでも攻撃が外れてしまった場合は……大人しくGPを使用してゴリティカルさせましょう。

するとダメージが最終的に二倍されますので、MAXダメージが入ると42もの高火力が発揮されるわけです!
※1d6+15というダメージロールになるので、6が出た場合で算出しそこから二倍した計算。

さあ、ドラミングで仲間と共に気合いを高めて敵へ突っ込んでいきましょう。不確定ですがハマった時は非常に強い構成です。

イケメンゴリラ流し目
3.ゴリラスピードスター ――複数攻撃が可能な高速範囲アタッカー

【能力値】
筋力:5
パワー:3
力:2
野生:4
【ゴリラスキル】

ハンドスラップ+ナックルウォーキング

解説:もし複数の敵が出てくるシナリオであれば輝くゴリラで、ハンドスラップにより3体の敵へ攻撃を行うことが可能になります。
そして、攻撃力は上記の二匹に劣ってしまうのでボスクラスのエネミーではなく、いわゆる雑魚敵の掃討が役割となります。
その為にも行動順の決定の際に達成値+5されるナックルウォーキングを採用しており、最速を狙うことが可能でしょう。

セッション前にGM(ゴリラマスター)に確認して「敵が複数登場する」と教えてもらった場合は、この構成にしてみることをオススメします。
もし単体の敵しか出てこないなら、ハンドスラップを抜いて怒りのメガトンパンチを採用するか【いいからドーピングだ!】に変更して支援型になるもの面白いですよ。
自分以外のPGが次に行う素手攻撃の攻撃力を+5することができますので、そこからハンマーヘッドゴリラや怒りのメガトンパンチがゴリティカルしたらとんでもないダメージになります。

みなさんもぜひゴリシのストックをこちらのゴリラキャラクタシート登録所で作ってみてはいかがでしょうか。

役立つオススメゴリラスキル5選~ここから二つ選ぼう~

さて、ゴリラのオススメ構成について三つご紹介させていただいたところで――

次はオススメのゴリラスキルを5つゴリラTRPG公式wikiより抜粋してご紹介させていただきます。

笑顔 ゴリラ

【オススメゴリラスキル5選】

《怒りのメガトンパンチ》

タイミング 素手攻撃宣言時
回数制限 なし
コスト バナナ3本
GCL
効果 命中判定の達成値を-2し、
直後のダメージを+4する。このゴリラスキルは他のゴリラスキルと同時に使用できない。
解説 本来は穏やかなゴリラも、
仲間を護るためならば拳を振るうのだ。

 

《シット・スロワ―》

タイミング 敵の判定の直後
回数制限 1ラウンド1回
コスト バナナ5本
GCL
効果 判定のダイスを振り直しさせる。
振り直し後の判定とGPで出目が固定された判定値に対しても《シット・スロワー》は行えない。
解説 排泄物を投擲し、敵の行動を妨害するスキル。

 

《ドラミング》

タイミング 戦闘開始フェイズ
回数制限 なし
コスト バナナ2本
GCL
効果 最初のラウンドのみ、対象のPG1匹と自分PGが行う「行動値決定以外」のあらゆる判定の達成値を+5にする
解説 手のひらで胸を叩いて音を鳴らすゴリラの威嚇行為。
ドラミング、それは互いの熱い鼓動を共鳴させる!
さあ今こそ開戦の時だ。
《ハンマーヘッドゴリラ》
タイミング 素手攻撃宣言時
回数制限 なし
コスト バナナ8本
GCL
効果 命中判定の達成値を-6し、
直後のダメージを+10する。
このゴリラスキルが命中した場合、ダメージを受けた相手は
次に行う判定に-2の修正を受ける。このゴリラスキルは他のゴリラスキルと同時に使用できない。
解説 高くジャンプしながら指を組み、
その手をハンマーのように相手に降り下ろす技。
ゴリラのダイナミックさを大いに発揮できるが、
隙が多いために失敗するリスクも当然ある。

《パーフェクトゴリラ》

タイミング 行動フェイズ
回数制限 1セッション1回
コスト バナナ55本
GCL
効果 ゴリラレンジ内の敵を5体まで選択する。
選択した敵に5D6のダメージを与える。
このダメージでは相手の防御力を無視する。
解説 穏やかな心を持ちながらも
激しい怒りによって目覚めた伝説のゴリラ。
そのゴリラパワーは計り知れない。

ゴリラTRPG公式wiki ゴリラデータセクションより引用

【オススメする理由を解説】

≪怒りのメガトンパンチ≫&≪ハンマーヘッドゴリラ≫
アタッカーになるのならばこのどちらか一つを採用しておくべきです、ボスのHPを削る上でこれらがないと火力が全然足りません。
どちらも命中判定にマイナス補正が入ってしまいますが、そこは≪ドラミング≫や『ゴリティカル』で補いましょう。
特にミドルフェイズでの戦闘も考慮すると≪ハンマーヘッドゴリラ≫は≪ドラミング≫が必須と言えますのでお気をつけください。

≪シットスロワー≫
このゴリラスキルは「敵の判定を振り直しさせる」という非常に強力な効果でパーティーに一つは必ずほしいです。
GMの出目が高すぎて全然避けられないし攻撃が当たらないといった事態を回避でき、GM目線でもPGにこれがあると安心です。
ただし、ゴリティカルした場合は振り直しさせられないのでゴ注意ください。

≪ドラミング≫
行動順決定前、戦闘開始時に使用するスキルで最初のラウンドのみというしばりはあるものの
二匹のPGが手番の消費無しであらゆる判定の達成値が+5されるというのは、攻撃面でも防御面でも非常に有用です。

≪パーフェクトゴリラ≫
バナナが55本も必要でシナリオ1回しか使用できないという、キツい縛りだらけながらも
問答無用で5体までの敵へ5d6のダメージを与えられるというのは非常にロマンがあります。
「選択した敵にダメージを与える」と確定で命中するのが強いところですね。

バナナ55本は、シーン中にゴリリングすることで貰えるバナナを頑張って稼いだり、他のPGとバナナを交換して調整したりと
みんなが≪パーフェクトゴリラ≫を使う為に協力してくれたり、RPを意識するきっかけになって面白いので
そういった意味でもこのゴリラスキルを採用するメリットがありますよ。

また、55本ものバナナを使用して放つ大技というのは、ロールプレイヤーとして攻撃演出する甲斐があり燃えるものです!

ゴリラもオススメ

ゴリラもオススメ!

 

総評(ゴリラTRPGまとめ)

ゴリラTRPGのゴリラシートの作り方をここまでご説明させていただきましたが、遊び方についてなんとなくつかめたでしょうか?

ご紹介させていただいたサンプルゴリラなら安定した活躍が見込めるはずはずですので、もし迷った場合は使ってみてください。
そして欲を言えば「このサンプルゴリラ使ってみたよ!」とTwitterで『 #ゴリラTRPG #卓コロ 』のハッシュタグを付けてつぶやいていただけると嬉しいです。

「こんな風に楽しく遊んだよ!」とつぶやくことでゴリラの輪が広がりゴリラが増えることで、より充実した楽しいゴリライフを送れるようになるでしょう、それではまた次回!!

※ゴリラTRPGの紹介記事はこちら

ゴリラTRPG紹介記事アイキャッチ

※ゴリラTRPG公式wikiはこちら
ゴリラTRPG公式 TOP画

NEWS

Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/chiakiito/takukoro.com/public_html/wp-content/themes/shaper/lib/common.php on line 240