【ダブルクロス3rdステージ紹介】エピックヒーローズ解説【OC】

Dx3rd ステージ紹介 エピックヒーローズ

こんにちは卓コロ編集長の伊藤智晶@chiakiIto29です、今回はギリシャ神話の中でも名高い戦いの一つであるトロイア戦争を舞台に
オーヴァードが”英雄”となって戦うステージ【エピックヒーローズ】について解説していきます!

ダブルクロス紹介

オーバークロック収録のステージ[エピックヒーローズ]とは?【世界観と概要】

【エピックヒーローズ】とはスパルタの王妃ヘレネートロイア王国の王子パリスによって攫われたことがきっかけとなって発生した
トロイア王国とギリシャ連合軍の10年もの歳月に及ぶ【トロイア戦争】英雄の一人として参戦するステージで、サプリメント【オーバークロック】に収録されています。

しかしこれというのはオリンポスの主神ゼウス「増えすぎた人類をいかに減らすか」と考えた末に、秩序の女神テミスへ解決策を求め
「よいプランを授けましょう」と答えた彼女の知恵を借りることで発生した、神々の壮大な計画と諍いに端を発します。

パリスがヘレネーを攫ったというのも「もっとも美しき女神にこの黄金の林檎をささげる」と人間の英雄ペレウスとティターン親族の娘エリスとの結婚式でハブられた
争いの女神エリスが言い出して、最高位の女神ヘラ戦の女神アテナ美の女神アフロディーテが名乗りを上げ「自分こそが林檎に相応しい」とケンカになり
ゼウスが「じゃあトロイアの王子パリスに決めてもらおう」と言い出し、三柱の女神がそれぞれ「世界を支配する力」「戦争に勝利する力」「世界一の美女」を自分のことを選べば与える、と詰め寄った結果アフロディーテをパリスが選ぶことで起きた事件です。

【パリスの審判】として有名なエピソードで、トロイア王国とギリシャ連合にわかれこのあと【トロイア戦争】が起きるのですが、オリンポスの神々もどちらに味方をするかは二分されてます。
よって神々の祝福を受けた英雄は両陣営におり、その英雄こそがこのステージにおけるオーヴァードというわけなのです。

どんなPCを使って遊べるのか?【ステージセッティング】

PC達はギリシア側、あるいはトロイア側英雄となって戦うことになります。

この時代においてレネゲイドの力は神々によって与えられた加護と考えられており、オーヴァードやジャームという概念は存在しません。

ただ、神々の加護を受けた英雄の中にも不必要な流血を生む力に溺れた『狂戦士』とでも呼ぶべき英雄が出ることもあります。
そしてギリシャ神話の神々は『レネゲイドビーイング』で中でもオリンポスの神々はティターン神族との総力戦【ティタノマキア】と巨人族ギガスとの戦争【ギガノマキア】など
世界の覇権をかけた戦いに勝利してきた神族で、まさしく神の力を誇りその主神であるゼウスには英雄(オーヴァード)など足元にも及びません。

しかし、そんな神々がオーヴァードであるかジャームであるかなど人間である我々の物差しで判断することはできないのです。

理性を失った怪物であるジャームは処理するしかない、通常のステージにおける判断基準はこの【エピックヒーローズ】では通用しないことでしょう。

ただし、ギリシャ神話における魔物などの幻想的な生物が実在しており、普通の人間も認識しているため人類にとっての明確な脅威へ立ち向かうといったことも充分起こりえます。

それではパワーバランスやどんな脅威があるのかをご説明させていただいたところで、【エピックヒーローズ】専用のワークスとライフパスについて解説させていただきます。

トロイの木馬 絵画

専用ワークスとライフパス

【エピックヒーローズ】では神話の時代に相応しいPCを作成するために専用のワークスとライフパスを使用します。

【エピックヒーローズ:ワークス一覧】 ※技能等は意図的に省いております。
・英雄
・将軍
・兵士
・子供
・王族
・暗殺者
・賢者
・吟遊詩人
・狩人
・幻想存在

【ホーリーグレイル】でも出てきたかと思いますが【エピックヒーローズ】でも『幻想存在』というワークスが使用可能です。
ギリシャ神話にはメデューサやミノタウルスといった魔物が存在しており、レネゲイドビーイングとしてそういった幻想的な生物になることができるワークスです。

【エピックヒーローズ:ライフパス一覧】
・出自(エピックヒーローズ)表
・経験(人間)表
・経験(神々)表
・邂逅(エピックヒーローズ)表

これらの専用のライフパスを使用してキャラクターの設定を決めていくわけですが、出自も神の力を受け継いでいることをあらわす<半神>や
戦士の家系として生まれたことをあらわす<戦士>に神がキャラクターに力を与えたきっかけを設定する経験(神々)表など、ギリシャ神話の登場人物に相応しいものが用意されており雰囲気たっぷりです。

トロイア戦争 絵画

エピックヒーローズの5つのシナリオフック

エピックヒーローズにはサンプルシナリオは用意されていないものの5つのシナリオフックが用意されております。
これらのシナリオフックからエピックヒーローズのシナリオを書き上げたり、オリジナルシナリオの製作に役立てるといいでしょう。

【シナリオフック一覧】
・堕ちた英雄…功名心に逸る英雄ヴァンゲリスが手痛い敗北を喫しオリンポスの神々に唆されジャームへ堕ちてしまい、敵味方問わず襲い掛かる両軍共通の敵になります。
・勃発! 戦車レース…ギリシャ連合軍で開催された戦車競走で英雄マトセオスを勝たせるべく、テミスの卑劣な罠を潜り抜けながら彼を倒すシナリオです。
・死に至る毒…神々が送り込んだ”顔のない女”による英雄暗殺によってトロイア軍は疑心暗鬼に陥り、内部崩壊を防ぐべく変身能力を持つ彼女を見つけ出して倒すシナリオ。
・予言の境界線…神々の計画が狂うことを嫌ったテミスによって、大英雄ルキアノスをPC達を殺すべく差し向けます。これに打ち勝ち神を倒せる可能性を示すことになります。
・予言にない未来…神々の企みに気付いたトロイアの英雄たちがついに手を組み、人類の半分を死に至らしめる神々の計画へ反旗を翻します。そこへ最強の戦士ゼウスが立ち塞がる。

この5つからシナリオを作成していくと壮大なキャンペーンが出来上がりそうですね。
「何故、理解しない! 神の手を離れどこに行こうと言うのだ!!」とシナリオフック「予言にない未来」にゼウスのセリフが書かれているのですが
クライマックスフェイズで何が起こるか想像を掻き立てられてワクワクしてきます。

ステージのまとめ

今回の記事は以上になります、専用のデータは非常に少ないので省かせていただきました。

神と呼ばれる存在も実はレネゲイドビーイングだった。

神にも人々に安全と豊穣を与える神もいれば荒れ狂う暴威のような神まで数多く存在しており、それをオーヴァードやジャームといった
人間のものさしにそれをあてはめることはできないという解説は「確かになー」と膝を打ちました。
人間社会において益となるか脅威となるか、シャームは理性を失った怪物というのは通常ステージにおける人間ベースの価値観でしかありません。

神という絶対の存在がオーヴァード達の上位に立つことで、オーヴァードとジャームについて新たな気づきが生まれるかもしれませんよ。

それではエピックヒーローズについて簡潔にまとめてこの記事を終えたいと思います。

【エピックヒーローズまとめ】
・エピックヒーローズはトロイア戦争の起きた神話の時代が舞台。
・オーヴァードは神々に加護を受けた英雄で、PCはトロイア戦争に参戦する英雄の一人になる。
・オリンポスの神々は桁違いの強さ、英雄たちなど比較にもならない。
・主神ゼウスは人類を減らそうとしており、秩序の神テミスにより提供されたプランを実行している。
・エピックヒーローズを楽しめるシナリオフックが5つ。

 

ダブルクロスThe 3rd Edition サプリメント:オーバークロック

NEWS

Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/chiakiito/takukoro.com/public_html/wp-content/themes/shaper/lib/common.php on line 240